読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エッセイ

就活日記30 「就活二巡目の再出発に踏み切れそうだ〜だって茶番劇に付き合わされていたんだから〜」

就活日記のタイトルで出すのも30回目を迎えた。 ささっと就活終えて書評とか日常日記を書こうとしていたけどまだまだ続きそう笑 今回は決意というよりは愚痴と矛盾がメインかも。。。笑 何はともあれ、1つの区切りだ。今日も1つ選考が少し遅めの時間に入っ…

就活日記29 「第一志望の最終面接のお祈りメールが来た」

「内定だと電話で、お祈りだとメールだから不安すぎる!笑」 なんて2時間前、大学で笑いながら喋ってた。 正直昨日連絡が来てない時点でかなりの確率で落ちていると分かりながらも自分をコントロールしていたんだろう。 望みを捨てるなんてしたくないから自…

就活日記28 「運命だと思った月曜日、内定電話なし。けど落ちたメールも一応ない」

月曜日になって、本日も選考に行きながら、本命の最終面接の結果が気になって気が気ではなかった。 電話なし。。。 不採用メールが来てないだけマシだと思いながら、また少しドキドキしながら日々を過ごします。 メールには最終は連絡までに時間がかかると書…

就活日記27 「結果待ちの土日、そんな中でも選考は進む」

先週末に最終面接を2つ受けて来た。 これまでの傾向的に月曜日に連絡が来る可能性が高い。 もちろん受かってたら。 もう明日月曜日の携帯の通知のことをずっと考えていて気が気じゃない。 そんな中で、待っている土日も選考があった。 最終行ったから絶対に…

就活日記26 「大本命の最終」

やっとの事で大本命の最終までたどり着けました。 いつどの席に座っても早稲田慶応東京大学が隣になる。イジメかと思いながら筆記や面接に行ったのだ。 何度も何度も東京に行き、長い道のりだった。 昨日も最終面接があったけど、正直その結果なんてどうなっ…

就活日記25 「就活は顔で全て決まる〜散髪屋のにいちゃんの一言〜」

少し髪が伸びてきたので散髪に行った。 就活中は伸び切った髪は論外で、切ってから時間が経って雑になっている髪型もすぐにバレる。 なので、最終面接を控えて気合を入れに切りに行ったわけだ。 気分良く髪を切ってもらおうと思っていたら、まさかの言葉が待…

就活日記24 「受かりながら落ちることの大切さ」

また少しの間バタバタして更新できていませんでした。 この一週間ほどに色々選考もあって、やっと最終にたどり着けた企業もあります。 今週と来週に1つずつ最終が控えています。 なんといいますか。。。嬉しいけど、どちらも最終で落とされる可能性が普通に…

就活日記23 「自己責任論は逃げの言い訳ではないだろうか」プラスで全体最適のデメリットは?

就活中によく自己責任が大切だと言われる。 そして自己分析をして、自己成長に繋がるかといった類の話だ。 まるで本で読んだことをそのまま言っているかのようだ。 まるで上司に言われたことをそのまま就活生に右から左に流しているかのようだ。 何か課題に…

就活日記22 「面接と面接の梯子〜プラスで団塊の世代の矛盾にたいして物申してみた〜」費用負担を就活生に押し付けるのは公害ににている?

明日は朝から面接。 さらにそこから移動時間1時間のところに移動し、すぐに面接。 呼び時間も少し入れてギリギリの時間での面接梯子だ。 エントリーシートも最初に出そうと考えたところはある程度終わり、面接がメインになってくる時期だ。 今回はなんとか時…

就活日記21 「丸二日の休日すら怖い」

世間はいわゆるゴルデンウィーク。 連休の人もいれば、少し間に出勤がある人もいるだろう。 就活はどうか。 バシバシ日程入ってる。さすがに人事や面接官も休んだ方がいいんじゃないのかと思ってしまう。 というのはさておき。。。 丸二日説明会も選考もなか…

少し息抜き いちご100%の新連載から見る昔の自分

ついに『いちご100%』の新連載が始まった。 ジャンプGIGAだったかな。新しく創刊したらしい。発売日は今日。 クリーニングに行くついでに買わねばなるまい! いちご100%は自分が小学生の頃、少年ジャンプで連載していた恋愛漫画だ。 絵が綺麗で、時々下着の…

就活日記20 「世間は春だ。私は春が来ているのか?」

最近、毎日が就活でなかなか更新できていませんでした。 途切れ途切れだけど、なんとか「就活日記」も20回目。 自分にしては意外と続いているなという印象かな笑 と本題本題! 就活を始めた頃、会場で邪魔になるにも関わらず、寒くてコートを着ていた。 今は…

就活日記19 「私たちの働き方とヨーロッパ」

毎日就活で、面白いことを聴ける楽しさ反面、もうその答え聞いたしと思うことが増えてきた。 今日は少し働き方について考えてみたので書いてみる。 ある銀行の面接でのこと。 「君は同級生より遅く入社することになるから、そのぶん遅れている。他の人は社会…

就活日記18 「忙しい!ほんまに忙しい!忙しさよ止まれ」

少しバタバタしていて投稿が止まってた。 ある企画に参加してみて、優秀な人が揃う中でも通用することと、あまりにも自分のレベルの低い箇所が露呈した。 自分の通用するところはしっかり磨こうと思う。 弱点は少しずつ補ってく。 頑張ったからといってすぐ…

就活日記17 「就活生身だしなみに気をつけるの巻」

昨日のリクルーター面談で、身だしなみは本当にしっかりしとくと得だよ!と言われたので散髪に行ってきた。 明日から3日間缶詰でミニインターン的なのがあって、懇親会後寝て起きたら銀行の面接があるからちょうどいいタイミング。 あんまり散髪にお金をかけ…

就活日記16 「スケジュールが集中する1日」

今日のブログは、今日あったことの報告。 午前はリクルーター面談だった。いろいろと質問した。そのカフェには同じ会社を受けてる学生も来ていてビシビシガヤガヤな雰囲気。 一番ためになったことは業務内容というより、身だしなみの話だった。スーツの着こ…

就活日記15 「面接失敗の責任は学生だけではない」

就活生やってると、面接のコツとか色々言われる。 「こう喋りましょう!」 「論理的に!」 「面接官の意図をしっかり読み取って!」 そして、面接がうまくいかなかった就活生は、自分の喋り方がダメだった、自分を出せなかったと反省するのだ。 この反省は大…

就活日記14 「家族用説明会が出てきた」

今日、説明会が終わって携帯の通信をつけて見るとある企業から説明会の連絡が来ていた。 有名かつ大きな住宅会社だ。 説明会行ってないなー。なんて思って開けてみるといい、宛先は自分だが、参加要件が違った。 参加者は自分の「家族」 もしかしたら毎年し…

就活日記13 「友人の内定〜祝福と裏腹に揺れる心境と人間関係〜」

どうしても就きたい職業がある。 そして、友人が内定を貰った。特別採用的なやつ。 自分の行きたい職業に。 先日の話です。 早い!すごい!おめでとう! なんて言葉が思ってるのか建前なのかわからないけど、直ぐに口から出てきた。 それから向こうが電話で…

就活日記12 「サイレントお祈りの可能性大」

エントリーシートをいろいろ出している。 けど、なかなか連絡の来ない企業がいくつかある。 これは落ちたということなのか。 多分そうなんだろうけど、やっぱり確定のメールが欲しい。通過にせよ落とされたにせよ。 でないと「みんしゅう」見たりメールを常…

就活日記⑨ 「就活生のリーダーシップ論」

「どうやってチームを率いて問題を解決しましたか?」 就活において、面接をするときに必然的にリーダーシップを求められる。 「主体性と責任感を持ち、ミッションをクリアしました」 説明会では、いかに人を引っ張っていくかという、強烈なリーダーシップの…

就活日記⑧ 「空前の売り手市場の内実」

ニュースを見ても新聞を見ても 「新卒生空前の売り手市場」の文字が踊る。 最近では、就活生がプレゼンを行い、そこに人事が参加して採用をするという「逆就活」なるものも表に出てきた。 2017年の新卒有効求人倍率は1.74倍で数字上はなかなかの数字を叩き出…

就活日記⑦ 「説明会での勝手な勘違い」

就活解禁から一ヶ月が経ち、説明会やらESやら選考と忙しさが続いています。 エントリーシートは10を超え、SPIやウェブテストも受けながら、就活やってます。 そんななか気になった出来事があった。 ある大手会社のグループ会社の説明会に行った時のこと。 「…

就活日記⑥ 「就活相談は罵られる時間ではない」

3月の就活解禁日以降、大学近くのファミレスでは毎日のように就活相談が行われている。 「〇〇しないと落ちる」「〇〇しとけば間違いない」といった言葉が、いつ行っても聞こえてくる。 いつも誰でも、就活生は萎縮と不安の表情を浮かべている。相対して、内…

就活日記⑤ 「高倍率の大手と優良企業。あらゆる競争に振り回される私たち」

三月から本格的な就活戦線が開かれ、一週間ほどたった。 行きたい職種は決まっていて、受けるところも決めている。しかし、全て倍率が高い。 だからこそ、他の業界や職種も見ている。 リクナビをポチポチ マイナビもポチポチ 説明会に行って、メモをビシッと…

就活日記④ 「職業に貴賎なしなんて言ったやつだれだ」

「職業に貴賎なし」 おお。確かにそうだそうだ。と思わせるカッコ良い表現が日本にある。 どんな仕事であっても社会に必要とされているから職業によって貴賎の差はない。差別してはならない。そう言った意味を持つ。 確かにそうあってほしい。けど、実際はど…

「人格否定」では何も進まない

友人と些細な話をしていた。 ファブリーズは有用かどうかという、本当にどうでもいい話だ。 そうしていたら、少しずつ話が熱くなっていく。 お互いがお互いに引かないところまで来てしまった。 ここで相手の言っていることを認めると敗北感がすごい。って瞬…

TPPに反対していたメディアは何処へ

「TPP反対」 「TPP は日本を滅ぼす」 多くのメディアで、TPPへの批判が吹き荒れた時期があった。 個人的に私も反対だ。 何より賛成する理由を生活基盤の中に持っていない。 商品が安くなる利点はある。けれど、危険とともに農家の苦しみとともに安くなるもの…

偏見としての「ゆとり世代」

居酒屋で年配の方が騒いでいた。 ちょっと、その時の言葉を羅列してみる。 「ゆとり世代って本当にクソ」 「あいつら社会人舐めてる」 「すぐに鬱になる」 「一杯目はビールだろ普通。ウーロンハイとか頼むやつ黙れよ」 「これくらいで、何がパワハラだ」 「…

成功のみを真似する者は失敗する

巷間に溢れるビジネス書、自己啓発本。 自分はこの類の本が好きで、よく読む。 どのようにすれば成功するのか。 そんな内容を読んでいると何だか自分もできそうな気がしてくる。 けど、ふと考えて見ると 失敗談、もっと言えば失敗の分析が少ない。 成功方法…

跳躍すれども、土台はガラス造り

志を持っている人はたくさんいる。 後は、志のを胸にジャンプをすればいいだけだ。 だけど、自分たちがいる社会はまるでガラスのよう。 強く硬く重い志を持って跳躍すると、ガラスの土台は割れてしまう。 だから、みんなジャンプしなくなる。 だから、志を外…