読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

就活日記④ 「職業に貴賎なしなんて言ったやつだれだ」

エッセイ 就活 労働

 

「職業に貴賎なし」

 

おお。確かにそうだそうだ。と思わせるカッコ良い表現が日本にある。

 

どんな仕事であっても社会に必要とされているから職業によって貴賎の差はない。差別してはならない。そう言った意味を持つ。

 

確かにそうあってほしい。けど、実際はどうだろうか。

 

就活をする上に置いて、福利厚生がなかったり、給料と労働時間の釣り合いが取れないものは敬遠される。

 

仕事も労働時間も同じなら、給料高い方に行くに決まってる。もしくは社会的地位の高いとこを選ぶのではないだろうか。

 

あるじゃん。貴賎。と、捻くれた自分は思ってしまうのだ。

 

差別なしに評価するなら、賃金が一緒だとか、社会的地位が一緒だとかあるだろう。

けど、全部ある。ということは、社会的地位や待遇によって貴賎が分かれているということだ。

 

そして、会社別から同じ会社内に視点を変えてみる。

お偉いさんは仕事をしなくても金が入って来る。ソルジャーは働いて働いて自分の生活費とお偉いさんの給料を稼ぐ。

 

もう一度。あるやんか。。。貴賎。

 

どんな仕事でも意味はあるとか、尊敬するべきだとか言う人たちに限って、ファストフードで飯をすませ、汗水垂らして働く人を犠牲にして

美味しい飯を食い、高級な車に乗り、役員室でゆっくりしている。

 

「貴賎なし」は、まるで役員も馬車馬も同じなんだよ。と言って、現実にある格差をブラックボックスに放り込んでいる。

 

本来なら、どんな仕事でも等しい価値を持っているから格差をなくさなければならない、という意味で使われるべきなのに。。。。

 

格差隠しちゃってるし。。。

 

頑張ってるのに貧乏になることを許してはいけない。

 

そして、就活生がここら辺のレベルの会社に就職したいとかいう偏差値的な評価軸があってはならないはずなのに。

 

 

それでも自分も大手企業を狙ってしまう。

特に、就きたい職種以外受けるところは。

 

あーあー。お金や社会的地位で固められた価値の差なんて一度吹き飛んでしまえばいいのに。

 

なんて言ってたら、社会主義者だ!!共産主義者だ!危険思想だ!と言ってどやされそう。

 

でも、人を勝手に差別して

会社を勝手に差別して

職業を勝手に差別して

 

ここには就職したくないなと思ってしまう自分の感性に嫌になる。

 

職業に貴賎なし

本当にその言葉が実現するなら

職業によって貧乏になることがあってはならないんではないだろうか。

 

「しんどいし、給料も少ない。精神病にもかかりやすい。けど、仕事の価値は一緒だからがんばれ!!」

 

なんていう人いたら、チョップしたい。

そして、自分の感性にもチョップしたい。

 

 

 

 

 

◯追伸

すごくまとまりのない文章で申し訳ないです。。。

 

けど、携帯が復活したのでどうしても何か投稿したくてしました。

 

そう、携帯壊れてたのです。。。

就活真っ只中に圏外になって現世に戻ってこなくなったiPhoneを見て僕は、焦りました。

 

いろいろ復活方法を試していると、今度は電源が入らなくなりました。

 

焦って焦って直したんです。

 

数日間予約いっぱいで、3日後の修理予約をしていたら当日のキャンセルが出て、その場で新しいものと取り替えてもらえました。

 

時期が時期だけに、なんとかなって本当によかった。

 

購入から一年以内だったので、無料でしたし、

新しくなったやつは元のよりさらに調子良さげなので、新しい相棒と就活を乗り切ろうと思います。

 

頼むから大事な時に壊れないでね。