読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

就活日記13 「友人の内定〜祝福と裏腹に揺れる心境と人間関係〜」

 

どうしても就きたい職業がある。

 

そして、友人が内定を貰った。特別採用的なやつ。

 

自分の行きたい職業に。

 

先日の話です。

 

早い!すごい!おめでとう!

なんて言葉が思ってるのか建前なのかわからないけど、直ぐに口から出てきた。

 

それから向こうが電話で話していることは、ほとんど覚えていない。

 

後になって考えると、祝いながらも、自分の中は不安と焦りでパンパンになっていたんだなと思う。

 

相手のことを考えるくらいの余裕はあると思ってたのになあ。

直面してみると、自分のことしか考えることができないほどだった。

 

いいなー。うらやましいなー。

 

おれあかんなー。だめやなー。不安だなー。

受かるのか本当に。

そもそもある程度採用予定人数が埋まるということはとんでもない倍率に。

今年落ちたら有無を言わさず嫌なとこでも笑顔で働かないかんなるな。

 

頭をよぎるのは自分のことばっかり。

 

一緒に頑張ろうねと言っても、そんなもんだろうし。

そもそも、求めていたわけではないけど、いやー正直ショックです。

 

そんなショックを足元に敷きながら、自分は第一志望のエントリーシートを書いている。

 

うわー。痛い。

 

これくらい今の心情はナイーブになっている。

 

今、選考進んでていいところまで行っている企業あるから、そこ受かんねーかな。

受かったらそこはいろ。早く就活終わりたい。

 

そんな言葉が心の中で飛び跳ねる。

 

実際、選考が進んでいるところは超超有名企業で、受かる可能性なんて低いんだけど、それくらい自分を自己肯定しないとやってけないよね。

 

今はファミレスでESをしている。その休憩中。

大学の近くだから、みんな就活の話ばかり。

 

4人で話している人たちの中に、もう最終まで行っている人がいるらしい。

周りの3人はスゲーっていいながら、不安げな顔。その後自分の受ける大企業を自慢する。

 

そうだよな。と思った。

羨ましいし、悔しいから何とかして自分もだめな人間じゃない可能性はまだまだ高いと主張して鼓舞したいよな。

 

他人の幸福を素直に喜べない状況が苦しい。

見栄張って大きく見せようとする自分が不甲斐ない。

他人を蔑み、下に置いて、自分を上にしたくなる感情が虚しい。

 

こうやって人間関係は崩れるのだろう。

うわべだけの関係ってなんで脆いんだと思う。

 

しかし、1人で頑張っても頑張りきれないほどの環境が就活である。

 

矛盾とともに人間関係の切なさを感じました。

 

そんなこと忘れて、もしくは気にせず、糧にして、がんばるぞー!って言いたいけど

 

言うよりは、実際に動こう。

問題は悩むより考えるより、それを踏まえ、どう動くかだろう。

 

結果がついてこなかったら、そんとき落ち込めばいいや笑

 

そのかわり、そん時はめいいっぱい落ち込んでやる。。。ぜ!

 

◯追伸

世知辛い世の中だよコンチクショー!