読書の秋は良きスタートライン

今週のお題「読書の秋」

 

秋になり、肌寒さを感じ、夜が長くなりました。

 

中国の韓愈が「灯火稍く親しむべく、簡編卷舒すべし」と詠んだ詩が読書の秋の語源とされています。

 

また、夏目漱石も「灯火親しむべし」の言葉を『三四郎』にて引用しています。

 

「涼しい気候と長い夜の秋には、火を灯して読書に勤しめる」と言ったところでしょうか。

 

日本には四季があるからこそ、他の季節よりもよりも過ごしやすい秋は、普段本を読まない人でも本を手に取りやすくなるんじゃないでしょうか。

 

一年中過ごしやすくても、一年中読書に勤しめるかと言ったら、また別ですからね笑

 

そんな秋の特徴は

①夜が長いので家で過ごす時間が長くなります。

→本を読む時間を作りやすい。

②涼しく過ごしやすい季節です。

→読書に集中しやすい。

 

普段から本を常に読んでいる人にも、普段は全く本を読まない人にも、本を読むにはもってこいな季節です。

 

◯普段から本を読む人には

いつもはなかなか手が出ない書籍なんかがおススメです。難しい本、勉強のための本、一度諦めた本etc

 

集中して読める季節だからこそです!

私は気づくと秋に買う本は難しい本が増えるのです笑

古典だったり、学術的なビジネス書であったり、普段は手に取らないものも秋に読むことが多いです。

 

◯普段は全然本を読まない人も

難しいと感じる本をオススメします!

「読んでみたい」「読んだ方がいい」を実現するには集中できる秋が良いです。この機会に読んでおくと、成果としての脳は認識するので、季節が変わっても成果の感覚が作用し、読書習慣がつきますよ!

 

春は何かと忙しく、時間がない。花粉症もひどい。

なので、秋を機に、他の季節では自分の中で難しいと感じる読書を始めてみるのは、良い手だと思います!

新卒日記5@東京「企業戦士は盲目也」

 

お疲れ様です。

 

今日、会社の会議で不思議な現象に鉢合わせました。

愛社精神からくる、盲目さです。

 

◯会議概要

需要家動向

予算に対しての受注状況

クレーム案件

開発案件

海外案件  などなど

 

◯企業戦士の盲目さとは

安価を売りに海外でシェアを伸ばす製品Aに対抗して、私の会社も同時期に近しい価格の製品Bを海外市場に投入

→AもBも共通点は、各社の元々の製品よりも低品質。

 

製品Aよりも、少し高くて少し高品質なものを我が社は投入していた。

 

売れるからといって開発もせずほって置いた結果、ユーザーから「製品Aの方が質が良い」とちらほら聞くようになっており、気付いた時には劣勢に。

 

けど、何人かの方は「うちの会社の製品が負けるはずない」というのです。

 

企業に勤める以上、自社製品を売るのは当たり前だけど、自社製品に自信を持ちすぎてしまうと、客観性が失われてしまう。

 

自社愛は良いが、自社愛のせいで客観的な分析ができなくなってしまっては、正確な勝機を捉えられない。

 

自社製品を売ることと、自社製品を一番だと思うことは違う。

 

忠実な戦士は高い生産性をもたらすかもしれないし、勝つときは気合で押し切ってくれる。

けど、負けるときはそのせいで負けるんだとしたら、少し勿体無いような気がします。

新卒日記4@東京「都会の電車はいっぱいいっぱい」

 

配属で東京になり、3ヶ月が経ちました。

 

本当に都会に来て、まず始めに驚き、徐々に嫌になっていくものがあります。

 

そう。。。電車です。。。

 

最初は人と体が当たるのに驚き、ラッシュ時の人の多さに驚き、驚くほど遅延が起こることに驚き、

3ヶ月でようやく、慣れて来ました。

(慣れるのが良いことではないけど。。。笑)

 

最初は人の顔を見る余裕もなく、ひたすら人混みに揉まれ、余裕があるときは必至に満員を無視しようとスマホにしがみ付いていました。

 

最近少し余裕ができて周りが見えるようになり、驚きます。

本当にみんな疲れてるし、話し声も聞こえない。

 

アナウンスが多く、止まる駅も多く、電車も結構うるさいので、気にならなかったけど、今ふと見るとみんな沈黙で、電車の現実から外に出ようとしてるか、打ちひしがれている感じ。

 

東京ってそういう場所なのかなと思いながら過ごしていると、人身事故が多いことに気づく。

 

ストレスに耐える人と廃れるに耐えられなかった人。みんながストレスを抱えています。

 

何だかなあ。

自分もいっぱいいっぱいで周りが見えていなかったけど、一瞬の隙に周りを見るとみんな同じ。

 

人生の大半ストレスに耐えるとか、考えもんだ。

新卒日記3 「東京に営業として転勤&配属して1ヶ月と少しが経ちました」

 

8月1日から4ヶ月間の新入社員教育を終えて、東京配属になりました。

 

配属部署は営業。

 

うちの会社は配属先が研修と違う場所になる場合、転勤扱いになり転勤手当が頂けます。

しかし、お金ももらえて、本社勤務でウハウハだと思っていたら大間違いでした。

 

新入社員で、まず営業に行くことはない会社だったのです。

完全なBtoBメーカーで、基本的に「工場で製品の流れや製品知識をしっかりと身につけた人が営業に行くことができる」というのが通説の会社でした。

 

なので、営業の方々は新入社員が営業部門に配属されるのを見たことがないのです。本当に20年以上ぶりらしく、営業部門には新入社員教育の経験がある人がいません。

ましてや、場所にいる二十代は私を除くと一人しかおらず、他の人は基本的に社内資格では管理職なのです。

 

唯一の二十代の先輩が私の「なんかもわからない状態」を理解していただけて親身に教えてくれていたところ、40代の指導員(私の指導員)に「お前に何が教えれるんや」とどやされ、私に教えにくい雰囲気になってしまいました。

 

社内システムすら知らずに営業の席に座っている人間がいることを信じれないという雰囲気でした。

しかも工場のことをよく知らない人間で、工場勤務の人とのコネクションもなくて営業の仕事をどうやってするんやという感じです。

 

歓迎会の二次会では、少し酔っ払い、私を前にして、「新入社員が営業に来るのは反対や」・「教える時間のせいで仕事が捗らない」・「若い奴は嫌いや」という議論が行われました。

 

いやいや、私がいる前でそんな話するなんて、どんな神経してるんだと思いながら、歓迎会で謝る始末。情けない。

 

普段何かを教えてもらうときは、密室で40代指導員に口頭で一気に喋られ、メモを取ると怒られ、一度で覚える前提で話しているらしく、少しでも一度でも触れたことについては聞いても教えてくれません。

何が厄介かというと、間違いなく一度も教えられてないことを教えたと言われる時もあり、なかなかの理不尽感を感じております。

背中を見て覚える時代は、現代のメール主流の時代ではない、何してるかわからないので、正直難しい。

 

そして何故かみんなの前でも「お前は記憶力も悪いし、要領も悪いし、何でこんなこともできんのや、わからんのや」と怒られます。

 

「これ作って」と依頼されても、作るために必要な情報ないので、教えを乞うと「探したらわかる」・「ゼロから教えるつもりはない」と言われます。

何とかして頼まれたものを出すと、間違いだらけ。当たり前ですよね。その人しか持ってない情報がないと作れないものなのですから。私の間違えを訂正するときは自分専用の紙のファイルを開き、キレながら訂正していました。

 

まあ密室でお話しいただいている間もなかなかなもので、ゆとり世代・さとり世代と呼ばれる私にはキツイものがあります。

一気に口で喋られて、それを何とかメモと記憶を辿り教育日報にまとめたところ、「お前それもうできるな?」と聞かれます。

自信がないので「頭では理解しております」と答えると、「そんなことは聞いてない。できるかできんかだけ答えろ」と返ってきます。

正直できるかできないかなんてやってみないとわからないので、「できません」と言いたいのですが、それを一度言った時はめちゃめちゃキレられたので「できます」としか言えないのです。

 

「できます」と言ったときの指導員の顔をまあすごい。「言ったな?言ったんやからもう絶対にできるよな?もう何も教えんし、間違ったら俺はお前に何も教えんぞ?」という顔をします。まあ、顔だけでなく本当に同じことを言われる時も多々あるのが事実です。

 

自分の営業部門の他の部署からは凄く心配されるのですが、その指導員には誰も口を出せないらしく、指導員が職場にいる間は皆さん基本的に見ないふりです。いない時には優しく接してくれたりします。

 

まあ、こんな日が1ヶ月以上続くと、しんどいものがありますね。「お前のためを思って厳しくしてる」というのを毎回のように私にも他の人にも指導員は言うので、そうだと思えるようにマインドセットをしないと実際やってけません笑

 

正直、配属がすぐから「うちの新入社員使えない」といろんな人に言い回って、私がこれから持つ担当先にも言い回ってるので、ほんとやりにくいのですけどね。。。初めて会った人から不審な目で見られることは、今まで体験してこなかったのでなかなかパンチが効いています。

かつ、それをずっと言ってると同じ部署の人たちも「使えない」と思い始めるまで時間の問題でもあります。

「使えない」という目で見られるてると、自己暗示にかかりやすなり、本当に「自分が使えない人間として使えない人間の道を歩くしかない」と脳に染み込ませてしまうともう負けですから、何とか挽回できるように努力しないといけない。

 

古い企業なので、そういう昭和的なものが残っているのはわかりますが、今時録音でもすると一瞬でパワハラ認定されるような場面も普通にあります。

 

社会とは会社とは構造的に冷たいもので、誰も助けてはくれません。

うちの会社で新入社員として営業配属の時点で凄く工場や他の部署の人からは心配されます。同期からも。けど、誰も実際に助けることはできないのです。

 

確かに仕事は熟練者に比べるとできません。知らないことも覚えられてないことも多々あります。自分が要領の悪い人間であることも認識してます。まだエクセルも自由自在に扱えてない現状ですし。

そして、うちの営業は部門が細分化されてないので、生産管理・品質・技術・物流の部署のシステムと知識も同レベルで必要とされるので、マルチタスクが苦手な私にとっては向いてないのですが、一つずつ潰すためにかなり努力しないといけません。皆さんその場所で何年かずつ働いてから営業に来るので、私はその人たちよりさらに努力しないといけないのです。

 

早く仕事を覚えたいですね。自分で仕事ができるようになれば、しんどくてもまだ何とかなる面はありますし。

 

見知らぬ東京という街で、何とか頑張りたい。

 

◯追伸

パワハラとスパルタは紙一重!笑

 

 

選んだのはMacBook Pro とiPad Pro 〜ジョブズの思想が残っているうちに〜

 

今日のApple者のデベロッパー用発表会「WWDC」でソフトウェアの発表だけだったことを受け、2017年版のMacBook ProiPad ProをApple Storeで購入しました。

 

スペックはMacBook ProがTouch Barありの256GBモデルのスペースグレー。

iPad ProはWi-Fiの256GBモデルのスペースグレーです。

 

まだ入社したばかりでノートパソコンのレッツノートが天に召されてしまい、必要に迫られ予算もできるだけ抑えながらApple製品を購入したいと考え、Apple Store整備済製品を購入しました。

 

2017年モデルのハードが定期的に入荷していたこともあり、出たばかりの新ハードの不安もなく、古すぎず、いいかな!と考えました。

 

今更感はありますが、必要性に迫られながらAppleの中での安さも求めたという感じです!

ほんとはMacBook Airの新作が出たらそれにしようと思っていたのですが、今回の発表会ではソフトウェア発表に留まりました。

もし新製品が出るかもしれない数ヶ月後までパソコンなしで待つことも考えられなく、待って出なかった時のつらさを含め購入に踏み切りました。

iPad Proに関しては、どっちにせよ欲しいと思っていたので、自分の欲しいモデルがあるなら買おうくらいの軽いものでした笑

 

本当であればこの2つを購入すると税込で30万を越してしまうところ、税込で26万になりました。

それでも高いのですが、4万浮くのはうれしいのです。笑

 

本当なら次の新作まで待つべきなのですが、パソコンがないと話にならないので、購入に踏み切りました!

 

安さを求めるなら他のパソコンもありました。

Appleにした理由は

iPad Proのメモ機能を活用して、今までノートに書きまくっていたことを一本化したい。

iPadのメモ機能を使い、スクリーンショットや資料などに活用してわかりやすくデータを保管したい。

MacBook Proのデザイン性

MacBook Proの性能

MaciPadiPhoneの互換性。

・デザインの美しさ。

WindowsだとOfficeを入れてしまい、仕事を家でやる可能性があるなか、家ではできない環境を作る。

WiMAXを頼んだことで、今使用中のiPhoneの棲み分けができる。

MacBook系統の形が頭打ちになってきている。理由はつけているが改良に近い。

Applesurface bookのようなヒンジの特許を取得したことから、次のハードが出ても様子を見たいと考えた。

 

です。いろいろ並べてはみたものの、結局は今まで使ったことはないApple製品を使いたかったんですね笑

深く考えたというより「Macを使いたいけど使いにくいんじゃないの?」感覚を乗り越えてみたいという感覚ですかね!

 

そして、もしこれからMacハードに大きな改良を加えていくならば、スティーブ・ジョブズの描いた世界とかけ離れていく可能性があります。それはもうAppleのブランドを自分的には欠けてしまったイメージがある。ならば今が最後のジョブズの思想が強く残っている商品群なのではないかと考えています。

最高のクリエイティビティを持ちイノベーションを起こしながらも、堅実性に欠けたジョブズのアイデアと商品を、堅実なティム・クックがしっかりと改良しながらジョブズの開拓した獣道を舗装してきました。

 

爆発力を堅実性でコントロールしつつある今、もしかしたら未来から見ると「最高」のApple製品の時代だったと言われてたりするかもしれません。

 

 

そして、話は製品に戻るのですが。。。

◯逆に怖いのはなんと言っても

・故障の可能性

・修理の費用

ですね。ここばかりは保険はつかなかったものの不安は残ります。大事に使うよう心がけますが、もしもの時は覚悟しています。。。

 

surfaceとも悩んでいたのですがペン性能の違いは大きく影響しました。やっぱりApple pencilすごい!

surface bookのヒンジのデザインは個人的にはあまりカッコ良いとは思いませんでした。

 

そして、なんと言ってもApple製品はなぜかやる気がでます。せっかく買ったのだから使いこなしたいと思わせてくれるのです。こんなパソコン初心者かつミーハーな私に対しても!

 

2つのハード合わせて26万円。ならばその分の知識獲得や発想の進化、何かしらの形での利益をしっかり出していこう思います。

 

自分へのご褒美と期待と高価という責任感を込めて。

 

またこれからも使いながらいろいろレビューしていきますね!

Mac初心者として何もわからない人しての視点を大切にしながら、レビューできたらなと思います!

 

◯追伸

届いたら絶対にMac持ってスタバ行きます。

なんと言われようと、私はそれをいつか自分でするために非難してこなかったようなものなのです、何としてもしたかった。切実に。

 

「AppleのMacBook」と「Microsoftのsurface」で悩む

 

6年以上使っているパナソニックレッツノートの液晶画面に光が入らないドットが増え始めました。

 

そろそろノートパソコンを買い換えようと思い、考え始めました。

 

悲しいかな、すぐに自分がミーハーだと思い知らされました。

 

昨日はある程度見るが、やっぱりデザインとブランドで最終的に観てしまうのです。

 

そこで候補に上がったのがMicrosoftsurfaceAppleMacBookです。

 

テーマはに自宅の机に置いてやる気が出ること」と「カフェでパソコンを今風に使いたい」でした。

 

他にも調べれば調べるほどスペック、サイズ、キーボードの打ち心地などいいものや、上記の2つに近いものはあるのですが、ここの会社が出しているパソコンで作業したいとの気持ちからこの2つに絞りました。

 

パソコンとなると、新入社員の自分には高い買い物になります。

 

何かでパソコン購入費の減価償却をできたらいいかと考えながらも、やはり適当には選べません。

 

なので、最近は週に2回ほど、電気屋に通いキーボードを打ち触り心地を確かめています。

 

会社の仕事を家に持ち帰ってすることはないので、MacBook系でも問題はありません。

 

使い慣れたWindowsのOfficeである必要性もありません。

 

しかし、surfaceの最新モデルsurface book2はとてもタイピングがしやすく、surfacesurface Pro、surface laptop、surface book2と全てがタッチペンが使えるのです。

 

必要ないなら、いらない機能なのですが、パソコンで直にメモを取りたいので、非常に魅力的です。ただデザインはsurface laptopを除き、あまりかっこよくないのです。

 

特に個人的になのですが、surface book2は画面を取り外し可能で、画面反転もできるので、接続部分が自由に曲がるようになっており、横から見るとキーボードディスプレイの間に隙間が空いてダサく感じてしまいます。

 

けど、Macを使い慣れているわけでもなく、surface laptopのデザイン性が非常に気に入ったことでsurface laptopにほぼ確定をしておりました。

 

しかし、そんな中、Appleの新作発表会の日付が確定したのです!

 

6月4日に開催されるとのこと。

これは見てから決めるしかないと思いました。

 

パソコンを悩んで買うということが初めてなので、これからどちらにせよ、パソコンを買ってからはレビューをしていけたらなと思います。付属品も含めて。

 

 

修理のめんどくささは置いとき気持ちよく使うことを目的として、これから選んでいきます!

 

新卒日記2 「初任給と親の目線」

 

初任給で何買おうかなと思っていたところ親から連絡が来た。

 

大学生ではなくなり、お金もかからなくなり、嬉しい気持ちの反面、手がかからなくなる切なさを感じていた。

 

それはさておき

「初任給はいくら出たの」と聞かれる。

 

もう嫌な予感しかしない。メーカーで教育期間ということも換算すると全くおかしくない給料なので「◯◯万円ちょいかな!」と言うと。。。

 

まさかの微妙な反応。

初任給やもんね!みたいな!

 

これから上がっていくのはいくだろうけど、親の予想には追いつけそうもない。

 

親族で、かつ男で年収が一千万超えたことない人がほとんどいないのだ。。。

 

比べられると困る!本当に!

 

比べられても困るとは言えず、軽く萎えて電話が終わった。

 

別に低すぎもしない給料に対して親の反応に、その時少し凹んでいたのだけど、回復!

 

自分の中には「何かがすごくないといけない」みたいな価値観が成長過程で刷り込まれていることを実感した。

 

親族からは個人的には不満のある目線だけど、自分の価値観がどんな人たちから来ているかを理解するとすごく楽になる。

 

会社でも人と比べることばかりだろう。競争に勝たないといけないこともあるだろう。

勝つこともあれば負けることもある。

 

それで評価も変わってくる。

 

でも、その評価軸は何故作られたのかを理解していたら、割り切って生きていけるだろう。

 

「人生、楽しく、悔いなく」過ごすことに越したことはない。

 

そのためにもできるだけ1つの価値観に振り回され続けないよう心がけたい。

 

まだまだ振り回されてはいるのだけれども笑

 

おわり!!